2013年02月12日

「九条の会」メールマガジン第157号(2013年01月25日)

「九条の会」メールマガジン第157号(2013年01月25日)
詳細は http://www.9-jo.jp/news/MagShousai/MMS130210.htm
■事務局からのお知らせ
◇前号予告の九条の会事務局主催「学習会」は会場が変わります。
主催も「九条科学者の会」と共催になります。
◇九条の会記者会見のご案内(報道関係の皆さまへ)
◇ベアテ・シロタ・ゴードンさんへの献花に代えて寄せられた寄付について
◇9月29日に開催した「三木睦子さんの志を受けついで 九条の会講演会―今、民主主義が試されるとき」のDVD、発売中。
◇「第4回九条の会全国交流集会報告集」およびDVD「第4回九条の会全国交流集会 全体会の記録」普及にご協力下さい。好評です
◇ブックレット「加藤周一が語る」をまだお読みでない方に
◇「九条の会」リーフレットは、いま2種類あります
◇<未来世代にのこすもの 私たちは何を「決意」したか――九条の会講演会>のDVD、好評発売中です
◇憲法セミナーブックレット
■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇鳥取市「9条の会」(鳥取県鳥取市)、◇渓流9条の会、◇九条の会・はつかいち(広島県廿日市市)、◇芦屋「九条の会」(兵庫県芦屋市)、◇松島・中央九条の会(東京都江戸川区)、◇「九条の会」おまぎ(埼玉県さいたま市緑区)、◇調布「憲法ひろば」(東京都調布市)、◇豊島9条の会(東京都豊島区)、◇ぶし九条の会(埼玉県入間市)、◇映画人九条の会
■活動報告
◇成人おめでとう ! 対話・宣伝・署名。
  シール投票も実施 「9条守る」が61 %〜高梁9条の会(岡山県高梁市)
◇小森事務局長を招いて緊急講演会
  〜井の頭沿線九条の会・浜田山(東京都杉並区)
■編集後記〜安倍政権の危険な動きが始動しています
報道では第1次安倍政権の失敗を教訓に、参院選が終わるまでは改憲問題などを急がず、アベノミクスと呼ばれる経済政策の推進などに集中するかのように語られますが、どうしてどうして、改憲派でかためた政府・与党はじっとしてはいられないようです。アルジェリアのテロ事件を口実に海外派兵が可能なように自衛隊法を変えようとしていますし、2月に予定される訪米ではオバマ大統領に「集団的自衛権の解釈変更の決意」を手みやげにするようです。大阪での体罰事件なども使って教育政策の一層の反動化も狙われています。私たち「九条の会」としても見逃すことのできないような動きが相次いでいます。しっかり学びあい、いっそう多くの人びととの対話の運動をすすめるときではないでしょうか。3月の学習会への積極的なご参加をお願いします。(T)
posted by エンレイソウ at 10:51| Comment(0) | 九条の会メールマガジン最新号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

疑問2:米軍基地がなくなったら日本は核武装しないと国を守れないのでは?

いま世界で機能しているな軍事同盟はいくつあるか?日米軍事同盟、米韓軍事同盟とNATO(北大西洋条約機構)の3つくらいで、ほかは解消または機能停止状態。世界では少数派です。
安保条約のような軍事同盟ではなく、紛争の平和解決に徹したASEAN(東南アジア諸国連合)のやり方を北東アジアにも広げたらどうか。ASEANでは、人類社会から紛争はなくならないが、紛争を戦争にしないことは人類の理性で可能だ、紛争の平和解決に徹しようという考えて、地域の平和共同体をつくっています。この平和共同体を北東アジアにも広げよう。そのためには6カ国協議を発展させることが一番現実的です。困難はあっても、北朝鮮をこの協議につかせ、朝鮮半島の核をなくし、いずれこの枠組みを地域の平和と安定の機構に発展させること。(しんぶん赤旗・志位対談から)
posted by エンレイソウ at 22:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

疑問1:憲法九条は実態に合わせて変えてはどうか?

憲法九条には軍隊を持たないと書いてあるのに、自衛隊を持っているのは矛盾している。でも、矛盾していても歯止めをきかせるために変えちゃだめ。変えたらちょっと変えるつもりがどんどん変える。人間は調子に乗りやすいから。矛盾しているのに変えないのはそういう理由なんだと舞台でやったら、オオーッみたいな高校生の反応がありまして〜(しんぶん赤旗・ザ・ニュースペーパー福本の発言から)
posted by エンレイソウ at 22:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。