2014年05月27日

★中村哲氏、「NGOを道具」と首相を批判」:集団的自衛権

戦地と言える国々で活動を続けるペシャワール会の中村哲さん。憲法九条が日本人の命を守っている、戦場では集団的自衛権の限定的な行使などありえず歯止めはなくなる、外交努力で不必要な敵をつくらないことこそ内閣の責任ー彼の発言にこそリアリティがある。テレビを含めもっと多くのメディアは耳を傾け報道してほしい。
インタビューを受ける中村哲さん.jpg
 毎日新聞(2014年05月26日)
アフガニスタンで医療や農業の支援活動をしている福岡市の非政府組織(NGO)「ペシャワール会」の中村哲現地代表が一時帰国し、25日、同市内で毎日新聞のインタビューに応じた。安倍晋三首相が海外のNGOのために自衛隊の任務拡大の必要性を唱えたことに「NGOを道具にしている」と批判。首相が集団的自衛権の行使容認に踏み切れば、現地での危険は増すとして撤退を検討せざるをえないとの考えも示し、非軍事による国際貢献の重要性を訴えた。

 ペシャワール会は1984年からアフガンやパキスタンで医療活動を開始。米軍のアフガン攻撃開始後も活動を継続し、同地の干ばつ対策として農業用の用水路建設にも取り組んでいる。

 中村氏によると、欧米諸国がアフガンに軍隊を出したことから現地住民の憎しみや怒りが増幅。欧米のNGO関係者は現在、テロの標的となる危険が高まったことから活動拠点のジャララバードから撤退した。それでも同地に残るペシャワール会について、中村氏は「憲法9条を持つ日本は『戦闘に参加しない国』という信頼感があり、それが私たちの活動を守っている」と強調。「欧米のように軍事力を使い、日本人というだけでターゲットになれば当然私は逃げる」と述べた。

 首相が15日の記者会見で「限定的な集団的自衛権の行使」と説明したことについては「戦場に行ったことのない人間の発言。武器を持って衝突すれば、互いに恐怖心や防衛心が強くなり歯止めはなくなる」として、ひとたび行使を認めれば際限がなくなると警告した。

 一方、首相は海外で活動するNGOを救出するためとして、自衛隊の駆け付け警護を認めることの正当性を唱えた。だが、これは集団的自衛権と関係ない武器使用の問題で、中村氏は「自らの主張を通すためにNGOを道具としている。集団的自衛権行使に賛成させるためにこじつけている印象は拭えない」と不快感を示し、「国民の危機感をあおるのでなく、外交努力で不必要な敵はつくらないことこそ内閣の責任だ」と訴えた。【井本義親】
posted by エンレイソウ at 11:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月07日

北の国から「平和・憲法・市民」- いま、声をあげ、動くとき -たくさんの参加、ありがとうございました

104もの九条の会が実行委員会を構成して開催した集会―北の国から「平和・憲法・市民」いま、声をあげ、動くとき―が、11月1日(金)に開催された。
 八重山民謡の第一人者である大工哲弘さんの軽妙なおしゃべり、三線の調べと心に響く唄声で会場は大いに盛り上がった。
 目加田説子さんの講演では、対人地雷・クラスター爆弾禁止にかかわる市民活動の成果の報告があり、日々の活動への勇気をもらった。
 改憲への動き企て、特定秘密保護法案提出など、戦争ができる国づくりへまい進する安倍政権に対して、今こそ声をあげ行動していこうと確認した。
 当日は、小森事務局長から次のようなメッセージも届いた。
***********************************
 第二次安倍晋三政権は、「積極的平和主義」というスローガンを使い、歴代の政権が憲法九条に違反するとしてきた集団的自衛権の行使について、これを容認する方向での解釈改憲へ暴走を続けています。
 一〇月二八日には「国会安全保障会議設置法案」が審議入りし、与党質疑、野党質疑を終えて、昨日は参考人質疑までが行われました。
 また、「特定秘密保護法案」も、多くの国民の反対を押し切る形で閣議決定され、国会の審議にかけられようとしています。
 大江健三郎さん、奥平康弘さん、澤地久枝さんら「九条の会」呼び掛け人は、去る一〇月七日、「集団的自衛権行使による「戦争する国」づくりに反対する国民の声を」というアピールを発表しました。全ての国民へのアピールは、二〇〇四年六月一〇日の結成以来、二度目のことです。
 今、全国各地それぞれの「九条の会」が手をつなぎ、歴史の教訓に背を向ける安倍内閣を草の根からの世論で包囲し、暴走を止め、押し返すことが求められています。
 その意味で、一〇四という多数の「九条の会」が集まった「平和・憲法・市民」実行委員会が、本日、このような集会を開かれることは、大きな運動の結節点となります。
 今月十六日には東京で、「九条の会」全国交流集会も開催されます。北の国からのうねりを、全国へ、共に大きく広げていきましょう。
確信しつつ、集会の成功を心からお祈りします。
2013年11月1日
「九条の会」事務局長 小森 陽一
posted by エンレイソウ at 21:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月13日

疑問2:米軍基地がなくなったら日本は核武装しないと国を守れないのでは?

いま世界で機能しているな軍事同盟はいくつあるか?日米軍事同盟、米韓軍事同盟とNATO(北大西洋条約機構)の3つくらいで、ほかは解消または機能停止状態。世界では少数派です。
安保条約のような軍事同盟ではなく、紛争の平和解決に徹したASEAN(東南アジア諸国連合)のやり方を北東アジアにも広げたらどうか。ASEANでは、人類社会から紛争はなくならないが、紛争を戦争にしないことは人類の理性で可能だ、紛争の平和解決に徹しようという考えて、地域の平和共同体をつくっています。この平和共同体を北東アジアにも広げよう。そのためには6カ国協議を発展させることが一番現実的です。困難はあっても、北朝鮮をこの協議につかせ、朝鮮半島の核をなくし、いずれこの枠組みを地域の平和と安定の機構に発展させること。(しんぶん赤旗・志位対談から)
posted by エンレイソウ at 22:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。