2011年06月27日

小森陽一さんを講師に学習会開催(2011.3.12)

3.11大震災の混乱の中、約束どおりに札幌へ来てくださった小森陽一さん。
ありがとうございます。
その時の学習会で参加者からの質問に答えて下さった内容を紹介します。
質問は
@九条の会は何故、設立されたのですか?
A「敵から攻められたらどうする」という相手にどう答えたらいいですか?
文責はエンレイソウ九条の会(今川)。
学習会2011.3.12まとめ.pdf
posted by エンレイソウ at 19:35| Comment(2) | 小森陽一さんに聞く | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
A「敵から攻められたらどうする」という相手にどう答えたらいいですか?
となるとどうせ9条の人は「そんなことはない」と答えるだろうけど攻めてこないだろうというあまい考えではいけないとおもいます。そして極一部の気が狂った人はなにも抵抗せず殺されるべきだというけど自分の意見は
「なんで国民のための憲法のために国民が死ななければいけないのか」です。
それに最近、韓国に砲撃した国が安全なわけない。
あと9条で守られているというけれど実際は大国アメリカ、そして国際社会の目があってこそ世界の平和は守られているとおもいます。
Posted by at 2012年07月26日 13:44
なぜか北朝鮮が核だけ使う設定になっているのか疑問。通常弾頭も使うし小規模テロもあり得る。
しかもそれでは「敵に攻められたら」の回答になっていない。どうせ反論する言葉がないのだろう。
Posted by at 2012年08月06日 00:20
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。