2013年03月06日

「九条の会」メールマガジン第 159 号( 2013 年 02 月 25 日) 

詳細は http://www.9-jo.jp/news/MagShousai/MMS130225.htm
■事務局からのお知らせSent: Monday, February 25, 2013 9:16 AM
◇九条の会事務局・九条科学者の会共催「学習会」
◇「九条の会」がポスター作成へ(「九条の会ニュース」168号より)
◇2012年9月29日に開催した「三木睦子さんの志を受けついで 九条の 会講演会――今、民主主義が試されるとき」のDVD、発売中
◇「第4回九条の会全国交流集会報告集」およびDVD「第4回九条の会全国  交流集会 全体会の記録」普及にご協力下さい。好評です
◇ブックレット「加藤周一が語る」をまだお読みでない方に
◇「九条の会」リーフレットは、いま2種類あります
◇<未来世代にのこすもの 私たちは何を「決意」したか――九条の会講演会>のDVD、好評発売中です
◇憲法セミナーブックレット

■各地から 全国の草の根にはこんなに多彩な活動がある!
◇ねりま九条の会(東京都練馬区)、◇早稲田から広げる9条の会=早稲田大学教職員9条の会(東京都新宿区)、◇つきしろ9条の会(沖縄県南風原町)◇高円寺南9条の会(東京都杉並区)、◇おだわら・九条の会(神奈川県小田原市)、◇あつぎ・九条の会(神奈川県厚木市)、◇九条の会掛川(静岡県掛川市)、◇落合・中井九条の会(東京都新宿区)、◇東御市九条の会(長野県東御市)、◇鴨川九条の会(千葉県鴨川市)、◇高齢者九条の会・西東京(東京都西東京市)、◇守ろう9条 紀の川 市民の会(和歌山県和歌山市)、◇九条の会.ひがしなだ(神戸市東灘区)

■活動報告
★活動報告〜奥むさし・文化9条の会(埼玉県飯能市)
 奥むさし・文化9条の会は地域で「文化を通じて9条の素晴らしさを市民に広げよう。」と地域で粘り強い活動を展開して、6年を経過してきました。
去る2月2日(土)夕方、市内一丁目クラブにおいて一年のスタートをきる7回目の「全体会議・新年会」を開催しました。一年のまとめと新年度の計画、役員の選出を行いました。計画によると春は憲法記念日の中央集会、夏は反核、平和のイベント、秋は市民ぐるみの文化イベントなどを決めました。新年会では三味線の演奏と民謡、ハーモニカ、ギター演奏、フルートとクラリネットの演奏など和やかに文化交流で親睦を深めました。懇談の意見では「総選挙で憲法改悪勢力が多数になった。本気で9条を守る活動に全力を挙げよう」の意見もあり、情勢を反映して過去最高の33名の参加と初参加の方も目立ちました。会は2〜3月を会の強化期間として市民に広く入会をよびかける方針です。(連絡先:佐藤090-7945-1383)
★活動報告〜広島県九条の会ネットワーク〜新聞意見広告とジャンボ・チラシ
 改憲問題での活動提起です。
 5/3頃には、各地での大きな憲法活動のヤマがありますが、7月後半の参議院選挙までには、その勢いや問題提起がしぼんでしまいかねません。 多くのマスコミの論調は、昨年の総選挙と同様に、改憲問題や原発問題の争点化、主権者として選択すべき軸は何かをあいまいにする可能性があります。
 そこで、広島県九条の会ネットワ−クでは、9年前の6月10日に東京で「九条の会」アピールが出されたことにつなげて、そのころに「改憲問題が重要」、「原発は命の問題」というような内容の新聞意見広告に協力することにしました。県ネットで取り組むと言っても、各会の集まりなので、8/6意見広告で長年の経験と蓄積のある「第九条の会ヒロシマ」が行う新聞意見広告に全面的に協力、支援をするというものです。
 また、同じ6月に、県内各地の九条の会で、憲法問題などを訴えるジャンボチラシを、なかなか集会等には参加されない人達の元へ配ろう、戸別配布をやろうと考えています。
 県内で10万枚という意見も出ていますが、6/9の日曜日を中心にして、6月一杯で、各地の各職域の九条の会の皆さんが、町内や団地や自分のマンションなどに個別配布をするというイメージです。もちろん、各会で、改憲問題や厳しい情勢の中で何をするかという学習会等も行いますが、半歩踏み出してチラシの戸別配布をするという行動です。 ジャンボチラシという案は、小さいチラシだと、直ぐに捨てられる、見て貰いにくいという意見からです。また、個別配布というのは、街頭での配布よりも配布しやすいからと、必ず届くからです。作成責任者は、「広島県九条の会ネットワーク」にします。
 夢としては、全国で一斉に、6月の時期に、それぞれの県の地元新聞での意見広告か、チラシ配布か、同時多数地点での街頭宣伝活動か、いろいろな工夫のある活動をやれないか、と考えています。
 折角、7500以上の九条の会が全国にあるなら、連絡を取り合って大きなうねりが起こせないかという意見です。(連絡先:石口俊一法律事務所 電話 082−222−0072 Fax  082−222−1600)

■編集後記〜各地の九条の会の活性化のきざし
 事務局におりますと、安倍晋三首相の改憲の動きに危機感を抱いた各地の会の活性化のきざしが感じられます。編集子もさまざまに講演などの要請をいただきますが、日程が重なってお断りすることが少なくありません。できるだけ、お役に立ちたいと思いながらも、うれしい悲鳴です。しかし、今ががんばり時です。気候もそろそろあたたかくなってきます。ポスターも新装準備中です。お互い、また一歩、人びとの中へ踏み出して行きたいものです。(T)
posted by エンレイソウ at 20:19| Comment(0) | 九条の会メールマガジン最新号 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。